SOMEOFTHEM

野良メディア / ブログ / 音楽を中心に

Radio OK?NO!! Podcast #039「第2のあのねのねを探せ!」特集文字起こし(後編)

宅録ユニット・OK?NO!!の上野翔とカンノアキオでSpotifyで聴けるポッドキャスト番組『Radio OK?NO!!』を配信しています。こちらではその文字起こしを前編、後編に分けて掲載します。今回はあのねのね「ネコ、ニャンニャンニャン」がリリースから40年の時を経てTikTokでバズった例を踏まえて、昔の楽曲でTikTokでバズりそうな楽曲を探す「第2のあのねのねを探せ!」特集(後編)を掲載します。(前編)は下記リンクから。

 

Radio OK?NO!! Podcast #039「第2のあのねのねを探せ!」特集音声は下記リンクから。ポッドキャスト登録を是非、よろしくお願いします!

 

カンノ:続いてなんですが、僕もオチがあるような曲を持ってきました。それではお聴きください、NUMBER GIRLで「FIGHT FIGHT」

上野:NUMBER GIRLが来ましたね。

カンノ:ナンバガです。ちなみにTikTokNUMBER GIRLを調べたらバンドのほうは全然出てこなくて、多分”GIRL”のほうに引っ張られたんでしょうね、ボンキュッボンな外国の女の人がたくさん出てきました(笑)

上野:なるほどね~(笑)

カンノ:それを”NUMBER”ということで番号付けられているんでしょうね(笑)

上野:嫌な言い方だな~(笑)

カンノ:で、この曲ですが、完全に仕組みを考えました。まずAメロ箇所は全然動きません。ずっとスカした顔をしています。それで「断言はしない」し・な・い」の箇所でカメラが寄っての変顔です。それでそのあとの祭囃子のところでは踊るっていう(笑)

上野:あぁ~、イメージできるな~。

カンノ:このパターンしかないっしょ。でさ、フレデリックTikTokでバズっていう流れがあるじゃないですか。

カンノ:和の要素と踊れる要素とロックバンドであることの最新系がフレデリックとしたときに、この系譜を前に辿っていくと、僕の知っているところの先祖返り的なところでいうとNUMBER GIRLの「FIGHT FIGHT」なんじゃないかなと思ったんですよね。

上野:たしかに祭り感のある曲だもんね。

カンノ:ここを基点として、四つ打ちとか電子音とか組み込まれてスタイリッシュなものになっていって今はフレデリックが最新系として和田アキ子と「YONA YONA DANCE」をやっていると。だから和田アキ子が「FIGHT FIGHT」を歌えばいいと思います(笑)

カンノ:で、ここまで考えて「見えるな~」とか言ってるじゃないですか。「ウケるだろうな~」とか。でもここまで考えちゃってることって多分ウケないんですよ(笑)

上野:そうなんだよね、バズらせようとするやつってバズんないからね(笑)

カンノ:じゃあ続いて上野君2曲目お願いします。

上野:僕は逆に「これがTikTokで流れたな面白いな」っていう意味合いで選曲しました。

カンノ:「これがTikTokで流れたら、TikTokを好きになるな」ってやつね(笑)

上野:なので正直、具体的な光景は見えていないんですが、言葉として強いのでなんかありえそうな感じっていう意味での選曲です。INUで「メシ喰うな!」

カンノ:なんか今日、「うっせぇわ」特集みたいな感じになっちゃったね(笑)

上野:アハハハハッ!

カンノ:今日はうるさい曲が多かったね(笑)「うっせぇわ」特集じゃないもんね?

上野:「第2のあのねのねを探せ!」特集ですね(笑)

カンノ:アハハハハッ!趣旨と全然違うじゃねえか(笑)これはなんですか?

上野:この曲は町田康という小説家が昔やっていたバンドの曲ですけど、ちょっとノイズっぽいサウンドだからTikTokで使うのはたしかに難しいんだけど、「メシ喰うな!」っていうフレーズは強いから使えると思ったんだよね。

カンノ:なるほど。

上野:TikTokって曲の途中で台詞を入れることも可能じゃん。たとえば学校で先生役の鬼教官みたいな人が、給食を残して食べない生徒を怒り続けるコントとかさ。あと犬ってエサを食べる前に「待て!」ってされるじゃん。そのときにこの曲が流れてたりね。それでこの曲がTikTokで流れてきたら面白いなと思ってね。

カンノ:今回この企画をやって僕と上野君のTikTok解釈がちょっと違ってて面白いなと思ったんだけど、僕は振付なんですよ。「こういう振りを付けられる曲」みたいな選曲をしたんですけど、上野君はコントとか殴って終わるとかさ。

上野:たしかにそっち側で選んできたかもね。

カンノ:「この曲はこういう設定でハマるな」みたいなね。ユーモアの解釈の違いっていうのかな。それでいうと「ネコ、ニャンニャンニャン」はなんだろうね?リズム?

上野:そうだね、リズムネタみたいなもんだよね。

カンノ:ま、そういうつもりで作ってるか。ウケたくて作ってるのは間違いないもんね。

上野:さぁ、第2のあのねのねはこのなかから出てくるのでしょうか?

カンノ:岡村靖幸はありえそうだよね。今は多分、かっこいいおじさん的な伝わり方でしょ?もともと面白かったんだから(笑)あと向井秀徳のおもしろMCとかさ。

上野:ライブMCはあるかもね。

カンノ:だから音楽とお笑いの結びつきみたいなところは今、TikTokから流れは出てきているんだろうね。今日はそんな話をしましたが、最後に僕たちの身近からTikTokでバズったmeiyo君がいますけど。

上野:そうだね。

カンノ:だから彼が第2のあのねのねでしょうかね?

上野:いや、多分順番が違うんだよ(笑)

カンノ:そっか、順番が違うね!あのねのねが第2のmeiyoだ!

上野:それも違う、あのねのねはそもそもTikTokで売れたわけじゃないから(笑)

カンノ:そうだね、もともとは「噂の!東京マガジン」で売れたわけだもんね!

上野:だからそれも違うんだよ!

カンノ:清水国明、いっぱい当ててるからな~。ブックオフも当ててるし(笑)

上野:「当てている」って言い方…(笑)

カンノ:それでmeiyoの「なにやってもうまくいかない」を改めてTikTokで見たんだけどさ、タトゥーがバリバリに入っている人が「なにやってもうまくいかない」を踊ったりさ、舌にピアスがガッチリ入った人が踊ってたりさ。どんな世界線だよ!

カンノ:では最後にmeiyo単体バージョンは以前番組でも流したので、今回はasmiさんという歌い手さんが参加されたバージョンの「なにやってもうまくいかない」を聴いてお別れです。

f:id:someofthem:20220422163409j:image

 

『Radio OK?NO!!』はパーソナリティーの上野翔とカンノアキオが、最新J-POPやちょっと懐かしい曲をクイズやゲーム、時には曲同士を戦わせつつ(?)、今までになかった音楽の切り口を発見しようとする音楽バラエティ番組です。感想は是非「#okno」をつけてツイートしてください!お問い合わせはメール:radiookno830@gmail.com まで。